子育て支援と心理学

2018年11月30日 投稿者:井梅 由美子

 昨今、「子育て支援」という言葉が多く聞かれるようになりました。皆さんが住んでいらっしゃる地域にも、子育て支援センターや親子広場など、さまざまな施設があるかと思います。なぜ、子育て支援の必要性がこんなにも言われるようになったのでしょうか?昨今の親になる人たちの子育てが未熟だからでしょうか?
 子どもが心身ともに健康に育つためには、養育者の関わりが必須になります。特に人間の赤ちゃんは多くの動物の赤ちゃんと違い、生まれてすぐは自分一人では何もできない存在ですから、養育者(主にお母さん)の24時間365日、休みないお世話が必要になります。
 子育てはこのように大変な難事業ですので、お母さん一人ではとても大変です。かつては祖父母や親せき、地域の周りの大人たちが、初めて親になる人たちを自然とサポートし、子どもたちの成長を地域で見守ってくれました。そうしたサポートの中で、だんだんと“親らしく”なっていったのだと思います。子育ては本来、親が一人だけでするものではないのです。
 しかし昨今、核家族化が進む中、子育てを自然とサポートしてくれる地域の大人たちの存在はなくなりつつあります。外で悪さをしている子どもたちに「こら~!」と怒ってくれる頑固おやじ(!?)はいなくなってしまいました。子育ての責任は全て“親”。これでは子育ては大変になるばかりです。だからこそ、制度としての「子育て支援」が必要なのです。
 保育所は今、地域の子育て家庭への支援の役割も求められています。保育所の先生は子どもの育ちや保育についてのエキスパート、かつての地域での子育てサポーター(近所のおじちゃんおばちゃん)に代わり、新米ママパパの相談相手として、大変に期待されている存在です。
 私自身の専門は「臨床心理学」で、心の健康やケアについて学ぶ学問領域です。子どもがのびのびと心身ともに健康に育つためには、お父さんお母さんがリラックスして子育てに向かえる環境が必要です。子育て支援と心理学、私たちの心の健康を考える上で大変重要なテーマであると思っています。

 

iume_yumiko
井梅 由美子(Yumiko Iume)

プロフィール

専門:発達臨床心理学
略歴:お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程単位取得退学。相模女子大学、青山学院女子短期大学の非常勤講師等を経て現職。精神科クリニックや小児科等で臨床活動を行ってきた。

 オレンジリボンは日本では子どもの虐待防止を表しています。世界的にはさらに人種差別をなくす意味も加わります。オレンジは子どもたちの明るい未来を象徴する色です。
 日本でオレンジリボン運動が始まったのにはきっかけがありました。2004年に栃木県小山市で3歳と4歳の幼い兄弟が暴行の末殺害された事件です。東京で暮らしていたこの兄弟と父親は実家のある栃木県に移り、やがて知人の家の居候になります。同居によるストレスから知人は兄弟に暴力をふるい始めました。兄弟の様子を見かねて保育園や施設が一時的に保護しましたが、結局家に戻されます。そして最後は二人の遺体が川で発見されることとなったのです。連日、ワイドショーなどでマスコミが放送する大きな事件でした。
 当時私は栃木県の短大に勤務していました。事件現場は隣の市で、土地勘のある学生たちには動揺が広がりました。何よりも、兄弟の境遇は把握されていて手が差し伸べられたのにもかかわらず、最悪の事態を避けられなかったことに地域の人々はみな苦い思いをしたのでした。
 そして2005年、小山市のNPO法人がこのような事件が二度と起こらないようにとの願いを込めて、子ども虐待防止を目指すオレンジリボン運動を始めました。2006年からは、児童虐待防止全国ネットワークが総合窓口となり全国規模の運動へと発展して行きます。
 11月は児童虐待防止推進月間です。東京未来大学もこの運動に協力していて、足立区こども支援センターのオレンジリボン全国一斉街頭配布では学生たちがボランティアとして毎年参加します。ここで呼びかけているのは、ほんの少しでも子どもの虐待が疑われたら児童相談所に通告することです。電話番号は全国共通「189」。「いち早く」知らせてほしいという意味が込められています。もしかしたら虐待?と思ったら、ためらわずに電話をしてください。

オレンジリボン

 

watanabe_chitose
渡辺 千歳(Chitose Watanabe)
プロフィール
専門:発達心理学
略歴:お茶の水女子大学大学院博士課程修了。保健相談所の1歳6か月児ことばの相談や、足立区立保育園での発達支援児巡回相談など子育てや保育における発達臨床に携わっている。臨床発達心理士。

鳥取と私と心理学と

2018年10月26日 投稿者:横畑 泰希

 「スタバはないけど、日本一のスナバはある!」という、少し寒いダジャレをお聞きになったことはありますか?鳥取県の平井知事が、よく口にしていたフレーズです。スタバというのはあの有名はコーヒーチェーン、スナバというのは鳥取砂丘のことです。首都圏にお住いの方には想像もできないかもしれませんが、2015年まで鳥取県にはスタバが出店されていませんでした。しかも、セブンイレブンも同年まで出店されていなかったので、全国を席巻する二大巨頭の両方ともが、つい最近まで存在しない唯一の都道府県だったのです。ないことをウリにするという自虐的なアピールが功を奏し、鳥取県の知名度もだいぶ上がったように思います。
 私の苗字である橫畑のルーツは、その鳥取県にあります。私自身は東京生まれの東京育ちですが、先祖代々は鳥取の山奥にある集落の在でした。鳥取県日野郡日野町板井原というのがそれです。現在は、この集落で橫畑を名乗る家は残っていませんが、先祖代々のお墓がまだ残っています。毎年1回は必ず、そのお墓参り(掃除)に訪れるようにしています。たいていはお盆の前後ですが、今年は10月中旬に行ってきました。墓石をすっかり覆いつくしている草を刈り、掃除が終わった状態が写真です。写真左手は崖になっているのですが、柵が設置されているわけでもなく、かなりの危険が伴うお墓参りです。
 先ほども言いましたが、私自身は東京生まれの東京育ちですから、この鳥取に住んだことはありません。親から話は聞いていたものの、実際に初めて訪れたのは30歳を過ぎた頃でした。ところがその時、初めて訪れたにも拘わらず、「あぁ帰ってきた」という意識が湧いてきたのです。それは今でもはっきりと覚えていますし、実に不思議でした。この現象を説明しようとすれば、デジャブ(既視感)、刷り込み、先入観など、色々な概念が当てはめられる気がします。深層的な無意識世界にある何かが作用したとも解釈できるかもしれません。そういえば、著名な心理学者であるユングは、その種族や民族に共通する無意識として、「集合的無意識」なるものが存在すると言っています。自分自身の意識世界でありながら、時には自分自身でさえ分からなくなることがあります。ましてや、他者の心を了解することなど、間違いなく難しいはずです。しかし、その難しさが心理学の楽しさであることも間違いありません。

 

横畑先生写真

 

yokohata_taiki.jpg(切り取り)
横畑 泰希(Taiki Yokohata)

プロフィール

専門:発達臨床心理学
略歴:淑徳大学大学院博士後期課程単位取得退学。臨床発達心理士。一般企業退職後、保育園や子育て支援施設で勤務。現在も心理相談、発達相談、カウンセリング、プレイセラピーに携わっている。

STEAMとアートと心理学

2018年10月12日 投稿者:横地 早和子

 今、「STEAM」教育がにわかに注目を浴びている。日本も含めて世界各国はこれまで、「STEM」(科学Science、技術Technology、工学Engineering、数学Mathematics)を中核とした教育に力を注いできた。NASAの宇宙計画の背後に多くの女性計算手が関わっていたことを描いた、映画『ドリーム』(原題Hidden Figures)をご覧になった方も多いと思う。小中学生向けの書籍『世界を変えた50人の女性科学者たち』(レイチェル・イグノトフスキー著・野中モモ訳)では、STEM分野で活躍した女性の粘り強さと同時に科学の面白さが描かれている。
 近年、このSTEMに「芸術Art」が必要だと「STEMからSTEAMへ」と教育は変わりつつある。科学技術一辺倒の教育や社会的価値観に、芸術の自由で柔軟で豊かな発想が加わることで、本来の人間性(知情意)を兼ね備えた教育へと戻る、そんな潮流が生まれつつある。実は、科学と芸術との間には興味深い関係がある。例えば、2015年にノーベル賞を受賞した大村智先生は美術に造詣が深く、女性作家の作品を中心とした韮崎大村美術館を開設したこともでもよく知られている。こうした例は大村先生に留まらない。科学史の著名な研究者の一人であるルート-バーンスタイン氏の研究では、ノーベル賞受賞者は、他の研究者よりも2-3倍の割合で芸術やクラフトを趣味としていることを明らかにしている。この研究のタイトルには、「芸術的な科学者Artistic Scientists」、「科学的な芸術家Scientific Artists」と、科学と芸術の深い関係を表す言葉が用いられている。

 

 私は心理学の立場から美術家の創作活動を研究している。2018年、初めての試みで「アートと心理学を考える」授業を行った。作家さんにお話を聞いたり、制作の様子を拝見したりして、ほぼ独学で美術のことを知るようになると、心理学のことや人間の様々な活動についてよく理解できるようになったり、芸術と心理学が意外なほど深く結びついていることに気がつくようになったりした。こうした私自身の経験や芸術にまつわる心理学の知見を学生と共有できないかと思っていたこともあり、美術の転換期の作品やその誕生の歴史、芸術における伝統と創造等のテーマを心理学と結びつけながら、様々な資料を読み、美術館で対話しながら作品鑑賞し、芸術活動や人間の創造性について議論するという授業を行った。もっと芸術のことを知って欲しいという思いもあるが、いつの日か、「芸術的な社会人」とか「芸術的な心理学徒」と呼べるような人たちが大学から輩出できると面白いのではないかと、密かな野望を込めて授業案を練っている。

 

教員ブログ写真(横地先生)メデューズ号の筏
「メデューズ号の筏」(ルーブル美術館)の前で、作品を見上げる老若男女。制作当時(19世紀初頭)は大きな議論を呼んだ作品で、社会的な問題をテーマとして描いた先駆的な作品の一つとして位置づけられている。そのような説明がなくても、絵そのものに圧倒的な迫力があり、絵を見つめる人たちの後ろ姿は印象的だ。(筆者撮影)

 

yokochi_sawako
横地 早和子(Sawako Yokochi)

プロフィール
専門:認知心理学、教育心理学
略歴:名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士課程修了。博士(心理学)。東京大学大学院教育学研究科特任助教を経て、現職。

音楽実践と知識

2018年9月28日 投稿者:森 薫

 「あなたは音楽の知識をもっていますか?」と聞かれて、自信をもって「はい」と答えられますか?きっとそう答えられる人は少ないのではないかなと思います。「いやー、あんまり音楽のことは知らないもんなあ…」と自信のない気持ちになった人は、音楽の知識と聞いて、音階や調やコード・ネームの理論、ミュージシャンや作曲家の名前、楽器の種類といったことをイメージしていたかもしれません。

 

 実は、私たちの音楽実践においてはたらいている知識は、そうしたものだけではありません。例えば、リコーダーを吹いている人は、リコーダーの運指や息の入れ方等の技能としての知識を持っています。これは言葉ですべてを説明するのはむずかしいけれど、行為を「できる」ことであらわれるというタイプの知識です。ほかにも、ある曲を初めて聴いて、「この曲は悲しい雰囲気だなあ」といったことを感じる直観的な知識、合唱の練習中に「ソロ・パートは1人4小節ずつ、平等に割り振ろう」と考える倫理的な知識…多様な知識が、音楽実践には関わっています。そういうのも知識に入るなら、私も結構もってるかも、使っているかもと思った方もいるのではないでしょうか?

 

 この、音楽実践においてはたらく知識の問題というのが、私の研究テーマです。これまでこの問題について、色々な角度から考えてきました。

 

 私が特に面白いと感じるのが、直観的な知識のはたらきが、理論的な知識をつくりだすことにつながっていく過程です。小学校で子どもたちを観察していると、例えば短調の曲を聴いて「うわ!悲しい曲―!」「お葬式の曲―!!」といったように、初めて聴く曲にびっくりして次々に発言する姿があります。しかし子どもたちの発話はそれだけでは終わりません。徐々に「なんで悲しいのかな?」「先生、フラット使ったでしょ?」「この音(B♭の鍵盤)を押すと死ぬみたいな音になる…?」などと、関心は「悲しい」「お葬式」と感じた理由に向かっていき、探究が深まっていきます。

 

 直観的な知識がはたらくことで、理論的な知識を求めるようになる。そして自分たちなりのそれを見つけ出し、どこかの場面で使ってみる。うまくいかなければ、知識を修正する…この終わりなきサイクルが、私たちの音楽実践を支えています。このサイクルが音楽実践だ、といってもよいでしょう。教師に求められるのは、子どもたちが抱く直観、そしてそこからうまれた問いを見逃さずに、「へぇ、そういう風に感じたんだね」「どうしてだろう?」と一緒に考える姿勢だと思います。私自身、学生の皆さんが授業中に見せる不思議そうな表情や素朴な問いを大切に、一緒に考え、答えを探し、新たな知識をつくりだしたいと思っています。

 

mori_kaoru
森 薫(Kaoru Mori)
プロフィール
専門:音楽科教育学
略歴:東京学芸大学教育学部卒業。同大学院連合学校教育学研究科芸術系教育講座単位修得満期退学。音楽学習における知識の問題や、子ども達がうたうわらべうたに関心を抱き、研究している。

 運動やスポーツの場面で、「あの子は運動神経がいいね!」なんて言葉を耳にすることがあります。皆さんは「運動神経がいい」ですか?
 私たちの身体には、実際に「運動神経」と呼ばれる神経があります。生理学的にみた運動神経とは、身体を動かすための筋肉に運動指令を伝える神経のこと。でも、この運動神経、はたらきや性能は私たち皆同じ、スゴい運動神経をもっているから運動が上手というわけではないんです。だから、「君は運動神経いいの?」って聞かれたら、胸を張って答えましょう、「普通!」って。

 

 ところで、皆さんは体力測定をやったことがありますよね。次の測定のうち、遺伝の影響がもっとも大きいと考えられるのはどれでしょうか?
 ①50m走のタイム  ② ボール投げの距離  ③ 反復横跳びの回数

 

 双子を対象として身体のさまざまな特徴を調査した結果、一卵性双生児においてもっとも類似性が高い、つまり遺伝の影響がもっとも強いのは筋肉の性質(専門的には筋線維組成)であったという研究報告があります。筋肉の性質が強く関係し、動作が比較的単純でスキル(技能)の関与が小さい短距離走のタイムは、遺伝の影響が大きいと言えます。それに対して、身体の動かし方やパフォーマンスの成果は、形態的な要素と比べて遺伝的な影響が少なく、むしろ練習や訓練などの後天的な影響が大きいと考えられています。ボール投げの距離や反復横跳びの回数にも筋肉の性質は関係しますが、「投げ方」や「身のこなし」といった動作のスキルも大きく影響します。そう、遺伝の影響がもっとも大きいのは「① 50m走のタイム」です。

 

 一般的に「運動神経がよい」とは、「動作が巧み」であることを例えた表現です。その動作の巧みさには、遺伝的な影響よりも、練習などによる運動スキルの獲得が大きく関与しているのです。そして、その運動スキルを獲得するのにもっとも適した時期が幼児期〜児童期。子どもの頃にいっぱい身体を動かす、たくさんの動作を経験することは「運動が得意なる」ためにとても大切なことなんですね。

 

maie_hidetoshi
真家 英俊(Hidetoshi Maie)
プロフィール
専門:運動生理学、スポーツバイオメカニクス
略歴:東京学芸大学大学院教育学研究科修了。体力医学研究所に所属後、三幸学園スポーツ系専門学校(東京/横浜)の教員を経て現職。

心と身体のつながり

2018年7月20日 投稿者:藤本 昌樹

 わたしは、発達心理学と臨床心理学を専門として大学の授業を行なっています。
 発達心理学というのは、人がお母さんのお腹の中で受精して、誕生してから死に至るまでのプロセスを心理学的に研究する領域のことを指します。また、一方で臨床心理学というのは、人の生きる間に起こる様々な心理学的な問題、つまり気分が落ち込んだり、人との付き合いがうまくいかなかったりする問題を、カウンセリング、心理療法などをつかって改善したり、また、そうした問題の成り立ちを研究したり、また、予防的な研究を行うことをします。

 

 この2つは、実は非常に関係がある領域です。人が発達するにつれ、その個人の持つ問題は、色々と形や見え方が変わってきますし、ある年代に特有の問題もあるからです。子どもの場合には、児童虐待や不登校の問題、勉強などの問題などがあるということがわかるでしょうし、大人の場合には、形を変えて、職場での適応、夫婦の問題などもあるわけです。
 そして、これらの問題についての本質を考えてみると、多くの場合、人と人との関わりが上手くいかないという事が問題となっていることが非常に多いように思います。

 

 この人との関わりのスタートは、誕生後の人間関係によって形成されます。たとえば、十分に面倒を見てもらえて、愛情を受けて育った場合には、自分は愛される価値があると思えるでしょうし、周りの人や環境も信頼できるという感覚が育つでしょう。逆に、適切な面倒を見てもらえず、大切にされなかった場合、自分自身の存在や価値について疑問を抱く可能性もありますし、周りの人のことも十分信頼できないという感覚が育つ可能性もあります。

 

 この感覚の発達は遡って考えてみると、乳児期の言葉が話せなかったり、覚えていると自覚する以前の感覚的な記憶が起点となっているわけです。この感覚的な記憶は、言葉では言い表せないものですから、身体的な感覚の記憶とも考えることができます。おそらく、そうした言葉で言い表せない、言語化できない記憶があるだろうと考えられるわけです。

 

 普通に生活していても、嫌なことを考えてみると、胸や胃のあたりに嫌な感覚がよみがえってくることというのも経験したことがあるかと思います。つまり、今現在起きてないこと、昔の事だとわかっていても身体はその時のことも覚えているとも言えるのではないでしょうか。もちろん、これは悪ことばかりではありません。楽しいことを思い出せば、身体も自然と楽しかった時の事を思い出すというわけです。
 つまり、これは心と身体が繋がっているということを示しているといえます。そして、これを臨床心理学に応用して考えて行くと、身体を利用して、身体の神経系の反応を軽減したり、調整しやすくする事で、トラウマと言われるような問題も解決することができるのです。

 

fujimoto_masaki
藤本昌樹(Masaki Fujimoto)
プロフィール
専門:臨床心理学、発達心理学
略歴:東京学芸大学大学院心理学分野修了、東京医科歯科大学大学院修了。博士(看護学)、臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士。子どもから成人の心理療法を現場で実践している。