STEAMとアートと心理学

2018年10月12日 投稿者:横地 早和子

 今、「STEAM」教育がにわかに注目を浴びている。日本も含めて世界各国はこれまで、「STEM」(科学Science、技術Technology、工学Engineering、数学Mathematics)を中核とした教育に力を注いできた。NASAの宇宙計画の背後に多くの女性計算手が関わっていたことを描いた、映画『ドリーム』(原題Hidden Figures)をご覧になった方も多いと思う。小中学生向けの書籍『世界を変えた50人の女性科学者たち』(レイチェル・イグノトフスキー著・野中モモ訳)では、STEM分野で活躍した女性の粘り強さと同時に科学の面白さが描かれている。
 近年、このSTEMに「芸術Art」が必要だと「STEMからSTEAMへ」と教育は変わりつつある。科学技術一辺倒の教育や社会的価値観に、芸術の自由で柔軟で豊かな発想が加わることで、本来の人間性(知情意)を兼ね備えた教育へと戻る、そんな潮流が生まれつつある。実は、科学と芸術との間には興味深い関係がある。例えば、2015年にノーベル賞を受賞した大村智先生は美術に造詣が深く、女性作家の作品を中心とした韮崎大村美術館を開設したこともでもよく知られている。こうした例は大村先生に留まらない。科学史の著名な研究者の一人であるルート-バーンスタイン氏の研究では、ノーベル賞受賞者は、他の研究者よりも2-3倍の割合で芸術やクラフトを趣味としていることを明らかにしている。この研究のタイトルには、「芸術的な科学者Artistic Scientists」、「科学的な芸術家Scientific Artists」と、科学と芸術の深い関係を表す言葉が用いられている。

 

 私は心理学の立場から美術家の創作活動を研究している。2018年、初めての試みで「アートと心理学を考える」授業を行った。作家さんにお話を聞いたり、制作の様子を拝見したりして、ほぼ独学で美術のことを知るようになると、心理学のことや人間の様々な活動についてよく理解できるようになったり、芸術と心理学が意外なほど深く結びついていることに気がつくようになったりした。こうした私自身の経験や芸術にまつわる心理学の知見を学生と共有できないかと思っていたこともあり、美術の転換期の作品やその誕生の歴史、芸術における伝統と創造等のテーマを心理学と結びつけながら、様々な資料を読み、美術館で対話しながら作品鑑賞し、芸術活動や人間の創造性について議論するという授業を行った。もっと芸術のことを知って欲しいという思いもあるが、いつの日か、「芸術的な社会人」とか「芸術的な心理学徒」と呼べるような人たちが大学から輩出できると面白いのではないかと、密かな野望を込めて授業案を練っている。

 

教員ブログ写真(横地先生)メデューズ号の筏
「メデューズ号の筏」(ルーブル美術館)の前で、作品を見上げる老若男女。制作当時(19世紀初頭)は大きな議論を呼んだ作品で、社会的な問題をテーマとして描いた先駆的な作品の一つとして位置づけられている。そのような説明がなくても、絵そのものに圧倒的な迫力があり、絵を見つめる人たちの後ろ姿は印象的だ。(筆者撮影)

 

yokochi_sawako
横地 早和子(Sawako Yokochi)

プロフィール
専門:認知心理学、教育心理学
略歴:名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士課程修了。博士(心理学)。東京大学大学院教育学研究科特任助教を経て、現職。