小学校の英語、これから

2017年10月13日 投稿者:執行 智子

 小学校高学年に外国語活動が導入されて早5年、そして2020年からは高学年において「外国語」が正式に教科として小学校に登場します。先生にとって未知の「小学校の外国語」と奮闘していることと思います。私も「小学校の外国語」と関わり十数年がたちます。十数年前は世界地図も、英語の絵本も、英語のフラッシュカードもない小学校がほとんどでした。小学校に行く時は教具をキャリアバックに詰め込み、ガラガラと引きながら歩いて行きました。大学に戻ると学生から「どこに行かれるんですか」と尋ねられ、「ハワイです」と冗談を言うほどの荷物の多さでした。最近ではどちらの小学校を訪問しても、先生自身が外国語活動に積極的に関わる姿を拝見でき、誇らしさと年月の重さを感じています。

 さて、高学年に「外国語」、中学年に「外国語活動」が導入されますと校内のほとんどの先生が英語の指導に関わることになります。英語が専門でない小学校の先生にはとても負担になることと思いますが、担任であることを生かして、中学校・高等学校ではできない「英語」の授業ができると私は思っています。

 外国語学習にとって欠くことのできないものは、適切で豊富な英語のインプットです。母語を獲得する時、赤ちゃんはおなかの中でお母さんのたくさんの母語の語りかけを聞き、生まれるとお父さん、おじいさん、おばあさんなど回りの人たちから多くの語りかけを聞きながら母語に親しんでいきます。2歳位までは、一言もことばを話さずじっと聞いている子もいますね。外国語習得も同じようになされるべきであると多くの研究者が言っています。適切で豊富なインプットに触れることが、外国語習得においてもとても大切なのです。「一つ教えたら一つ言える」わけではないのです。

 英語の絵本の読み聞かせは、インプットとして有効な手段です。子どもが絵を見て、それと既知情報(概念)を結びつけて意味を推測しながら、同時に音声で聞くことで、ことば(音声)の意味を理解することができようになります。この時、断定的な訳や意味を日本語で与えてしまうと、聞き手である子どもが混乱してしまう場合があります。というのは、一人ひとりの頭の中にある経験や環境から作り上げたられた概念は、全ての人において全く同じではないからです。

 小学校の担任の先生は、児童一人ひとりの頭の中のこと(概念)をよく分っているので、英語の絵本の読み聞かせをしながら、各々にどのような語りかけをすれば理解ができるかなど、日本語で意味を教えるのではない上手なフォローアップができるのではないでしょうか。現在では、英語の絵本に読み上げのCDがついているものが多くあります。これらを上手に活用することで、特上のインプットができることと思っています。

 英語に恐れることなく、英語と仲良くしていきましょう。

 

shigyo_tomoko
執行 智子(Tomoko Shigyo)

プロフィール

専門:第二言語習得・初等英語教育
略歴:津田塾大学文学研究科後期博士課程単位取得満期退学。外国語活動コーディネーター、小学校教員研修講師などを経て現職。小学生から大学生までの英語学習を概観、初等英語指導者に必要なことを研究。