人の目

2021年2月19日 投稿者:横畑 泰希

 「人目に晒される」、「人目が気になる」、「人目を憚る」、「人目を避ける」など、人目に纏わる言葉は枚挙に暇がありません。どうしてもマイナスのイメージが強いのですが、決してそうとばかりは言えません。人の目があると見られているという緊張感の中でできる。それが大きいんだけど、今年はそれがないからね。。これは、非常事態宣言中の今月1日、プロ野球(NPB)・福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長が取材に応じた言葉です。今年のNPBのキャンプは全球団が無観客の中で実施されますので、ファンという人の目がありません。人の目があると緊張感は高くなりますが、それが良いパフォーマンスを生むとの話でした。

 この話を聞き、私のゼミの4年生を思い出し、妙な納得感がありました。先月29日に卒業論文を提出した4年生は、例年に比べて歩みが一段とゆっくりだったように思えます。今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、春学期のゼミは全てリモートでの実施でした。その関係で、3年生と4年生のゼミは完全分離で行なわざるを得ず、4年生が後輩の前で発表したり、後輩の発表にコメントしたりという機会を作れずにきました。後輩から先輩として見られる「目」がなく、これにより緊張感が生まれず、のんびりとした雰囲気になってしまったのかもしれません。

 子どもの中には、人の目に敏感な子どもが少なくありません。そのほとんどは負の緊張感であったり、不安を喚起させたりするような敏感さです。それまでの短い人生の過去体験の中で、「人の目」に対する負の敏感さを身につけてしまったのかもしれません。もちろん、その敏感さが全て負につながるわけではなく、「人の目があるからちゃんとする」という心持ちも大事なことです。ただ、それでパフォーマンスが低下してしまえば可哀そうな話です。

 人の目がよい緊張感を生み、よいパフォーマンスを発揮できるようになることは理想です。だからこそ、幼少期の子どもに関わる大人たちの「人の目」が、安心感を抱かせるようなものでなければならない。その大人たちの「人の目」は、子どもにとって「いつでも見守られているという安心感」でなければならない。そう信じています。

――――――よこ

横畑 泰希(YOKOHATA Taiki)

プロフィール

専門:発達臨床心理学・意識心理学
略歴: 淑徳大学大学院博士後期課程単位取得退学。臨床発達心理士、産業カウンセラー。現在も心理相談、発達相談、カウンセリング、プレイセラピーに携わっている。